税理士法人三部会計事務所

「会計事務所らしくない」けれどそれがいい!税務業務から課題解決業務までなんでもこなす万屋

プロフィール

税務会計業務に留まらず経営支援や人材開発、後継者支援のためにお客様の息子さんのお嫁さん探しまでどんな課題でも解決する、まさに万屋!日々お客様からの相談を受けながら一緒に課題解決へ進んでいく、企業のパートナーとしての役割を果たしています。

パートナーとしてお客様に寄り添えること。

主な仕事内容を教えてください。

主に税務申告などの会計業務を行っています。我が社では社会と経済が回る原動力は企業の事業活動にあると考えております。税務を通してそんな企業様をサポートすることで、我が社は社会を回すことに携わっています。税務支援に関わるというのは、一時期だけではなくそのお客様と並行的に長く関わっていくことであり、お客様の現在だけでなく未来まで最適化をしていく必要があります。税務支援を通してお客様と繋がり、お客様を多方面に支援することでよりお客様の仕事環境の最適化を図っていきたいと思っております。

税務支援だけではなく多方面にも支援していくというのは具体的にどのようなことをするのでしょうか?

お客様と我が社がパートナーとして一緒に進んでいく際に信頼が生まれ、ときにはお客様から税務以外の深い相談を受けることもあります。その課題解決を多方面に行っており、また長い期間関わっているからこそ見えてくるお客様の課題もあります。

「パートナー」という言葉がとても素敵ですね!企業を多方面でサポートしていく上でのやりがいや魅力はどんなところにあると思いますか?

そうですね…一番の魅力としては、「喜ばれてお金をもらう」ということですね。お客様から相談を受けるというのは信頼されている証拠でもありとても喜ばしいことです。お客様もこちらができなそうと思う相談事は基本的にはしてこないので、相談されることが増えるほど自分のできることが増え成長したという実感も湧いてきます。また1年目から他社の社長と話せる機会もたくさんあります。その分責任もありますが、色々なお話を若手のうちから聞くことができるので起業をしたい人なんかにもってこいな環境ですね。

将来のビジョン

ただの会計事務所ではなくお悩み相談者へ。

会計事務所というイメージがだいぶ変わりました!ありがとうございます。御社としての今後の目標やビジョンはありますか?

現在ITやAIが発展し会計業務の合理化が進んでいます。それに伴い以前に増してより学生が会計業務に抱くイメージに近い税務申告などの会計解決業務から、お客様のお悩みを会計に限らず何でも解決する課題解決業務により力を入れていこうと思っています。お客様に訪問した際、相談された課題やこちらから見つけた課題を課題解決シートというものにまとめ、社内ミーティングで社員に共有します。それぞれの課題ごとに解決できそうな事業部に課題を振り分けていくことでスムーズに課題解決へと進むことができます。

課題解決シートという仕組みがとても活きていますね。実際にはお悩みや課題はどんなものがあるのでしょうか?

経営改善、会議の支援、福島の復興支援、人事制度の組み立てなど万のことに対策できる自信があります。以前には後継者の嫁を探してくれなんて相談もされたことがありますね(笑)とにかく幅広く手につけ、事業として成り立ちそうなものがあれば事業化していくこともあります。会計事務所らしくないとよく言われますが、褒め言葉だと我々は思っています。

本当に会計事務所というよりは万屋、といったほうが合いますね。今後なにか新しいチャレンジをしていく予定はありますか?

海外へと進出できたらと考えています。現在ベトナムから来ている社員がいて、またベトナムにいる会計士とも提携を結んでおります。我が社はコワーキングスペースを所有しており、コワーキングスペースを通してアジアなど世界中にある他のコワーキングスペースに繋がっていけたらと思っています。

採用活動について

理念に共感し、喜びを感じることができる方に来て欲しい。

今度は、御社の採用についてのお話を聞かせていただきます。どんな人に新卒採用として来てほしいとお考えですか?

我が社の理念に共感し、喜びを感じることができる人です。また会社の場を有効に活かせる人がいいですね。また社員がやりたいと何か提案してくれたらやらせるようにしているので、チャレンジ精神がある人もいいですね。今いる若手社員も、新たな事業部を立ち上げました。

たくさんの課題解決事業をしていますが、新卒にはどんな仕事を与えますか?

まずは会計業務の基礎を学んでもらいます。先輩と企業同行をして経験を積みながらある程度基礎が固まってきたら会計のデータを基に経営支援をしてもらいます。その後、希望に応じて一人一人の特性を活かすような部署へ配属となります。最初は会計の知識はなくても大丈夫です、勉強すればどんな人でもできるようになりますから(笑)知識よりもその人自身のキャラクター性や、人間性を我々は見ています。

会計事務所なのに会計の知識がいらないなんて、思ってもみませんでした。先ほどから意外なこと続きですが、社風も学生がイメージするものとはまた違ったものなのでしょうか?

創業当時から固定概念や偏見に縛られない社風で、上下関係も厳しくなく思ったことが言える環境です。先ほどまでの話でもありましたが、やりたいことを言葉に出してくれれば、応えます。また定期的に社員一人一人と社長との面談の時間をとっているので、社長と話す機会もあります。また朝礼を行う際には社員全員でラジオ体操を行います。会計事務所にありがちな、みんな椅子に座って電卓やパソコンとにらめっこしている風景はあんまりみないですね。常にみんな動いているように見えます。

積極性がある人にはぴったりの社風ですね!何か御社ならではの取り組みなどは行っていますか?

我が社には委員会制度というものがあり、会社のグループの枠を取り払って誰でも好きな委員会に参加できます。健康経営委員会は社員の健康を推奨しヨガをしたり、社会貢献委員会は地域のごみ拾いをしたりしています。また年に一回、職場風土委員会が開催するファミリー感謝祭という社員の家族みんなで参加できるイベントもあります。他にもたくさんの委員会があります。その他にはさんべ通信という中小企業に役立つ補助金・助成金情報などをお届けするお客様向けの情報誌も作っています。それだけ聞くと難しい内容が書かれてそうですが、実際は社員の旬なネタを集めたり、開催した社内イベントの風景も載せたりしています。

グループの枠を取り払って行う活動があるのもとても素敵ですね。本当に、「会計事務所らしくない」ですが、そこが三部会計事務所の最大の魅力なのかもしれませんね。

取材者から一言

実際に取材をした学生さんからのコメントです

私が初めて直接訪問して取材をしたのが三部会計事務所様でした。三部吉久様、三部香奈様、平野智様の3名からお話を聞かせていただきましたが、緊張する私に対しとても優しく御社のことをたくさん教えていただきました。訪問する前とのギャップが激しく、驚くことばかりで記事が長くなりそうだと聞きながら思っていました。こんなに楽しく取材させていただけるなんて思ってもみなかったので、感動しました。チームワークを大切に仕事がしたかったり、チャレンジ精神がある人にはぴったりの会社だと思いました。

(平澤遥)

会社概要・募集要項

気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね

会社概要

会社名 税理士法人 三部会計事務所
本社所在地 福島県郡山市緑町16-1
社員数 グループ全体で87人
売上高 6億円(2018年9月期)

募集要項

募集職種 税務会計業務、経営支援業務、財産コンサルティング業務
給与 大学院 210.000円/月給 大学 194.000円/月給 専門・短大 174.000円/月給
勤務地 本社 福島県郡山市緑町16-1
勤務時間 8:20~17:30(昼休み11:50~13:00)
待遇・福利厚生 社員旅行、ゴルフ、フットサル、ソフトボール
休日・休暇 週休2日制(繁忙期は土曜出勤あり)、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、試験休暇(資格に応じ最大10日間)